AGA

AGA(男性型脱毛症)

AGAとは男性型脱毛症のこと。AGAは進行性なので、早めのケアが大切です。

AGAとは、男性に最も多くみられる脱毛症で、「男性型脱毛症」の略です。
AGAは、他の脱毛症と異なり、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方からうすくなり、進行していくと言うのが特徴です。
細くて短い髪の毛が多くなり、全体としてうす毛が目立つようになります。
一般的にDHTや遺伝が関係すると言われています。
※DHTとは、ジヒドロテストステロンの略で、AGAの原因物質です。

 

AGAは進行性で何もしないでいると徐々に進んで行きます。
進行を抑えるためには早めのケアが大切です。
また、AGAのほかにも様々なタイプの脱毛症があり、それぞれ対処法も異なります。

AGAの治療薬には、一般に市販されていないものもありますので、自己判断せずに、医師の診断のもとに適切な治療を受けることが大切です。

自己診断チェック

  • 家族に髪の薄い人はいる ?
  • ・両親、兄弟、祖父母に髪の薄い人がいる。
  • 髪の毛にハリがある ?
  • ・うぶ毛のような細くて短い髪の毛が多くなり、ハリ・コシがなくなった。
  • どの部位から抜け始めた ?
  • ・額の生え際が後退してきた。
    ・頭頂部の髪の毛がうすくなった。
    ・額の生え際と頭頂部の両方が抜け始めた。
  • 抜け毛が気になる ?
  • ・シャンプーやブラッシングした時の抜け毛や枕元に残った抜け毛が多くなり気になる。
  • いつごろから抜け始めた ?
  • ・思春期より後になってから抜け始め、除々に薄毛が進行している。

当てはまる場合は、AGAの可能性があります。

まずは、気になることを、お気軽に無料相談にお問合せください。

AGA遺伝子検査

男性型脱毛症の発症リスクとともに、プロペシアの感受性を調べることができます。

AGAの治療

内服薬 (プロペシア)

プロペシア飲む発毛剤。薄毛予防にも効果的。プロペシアの併用

プロペシアは5α-還元酵素を阻害し、男性型脱毛症の原因物質である
DHT(ジヒドロテストステロン)産生を制御します。

プロペシアの作用

AGA NEWS

内服薬

頭皮の状態も毛髪の発毛に影響をあたえます。頭皮の環境を整え、毛髪の成長に必要な栄養等が十分になるようにお薬を処方して毛髪を改善させます。
発毛や育毛のための内服薬もありますので、症状や状態を診察で把握して、治療方法をご提案できます。
症状状態によっては、ミノキシジルの内服薬も使用して治療をおこないます。内服療法においては、手軽にできるため、継続した治療を行うことが実践しやすいです。

塗り薬

男性においては5%のミノキシジル外用液が、女性においては1~2%のミノキシジル外用液が、有効です。
また頭皮の血流の改善や発毛を刺激する外用液もあります。
症状状態に合わせて使用することで効果が期待できます。
継続して使用する必要はありますが、副作用が少なく、効果の期待できる治療方法です。

HARG治療

頭皮に発毛・育毛成分を直接注射することにより、発毛を促し、育毛させる治療です。

植毛手術

薄毛や禿となっている部分に、毛髪を移植して改善させる方法です。

無料カウンセリング相談

電話052-963-0210 診療メニュー 料金表 院長のブログ ニドークリニック名古屋@スタッフブログ 今月のキャンペーン

診療時間

9:30~18:00 (予約制)

休診日

月・木曜日
土日祝日診療

診療日

Calendar Loading
Calendar Loading